ナポレオンカーフの特徴|ココマイスター ナポレオンカーフシリーズ

ナポレオンカーフの特徴

ナポレオンカーフとは、以前1800年代から続くような欧州ブランドで使用されていた皮革で、今では日本の職人さんも見たことがないような希少な素材です。

 

 

一般のオイルが含まれている皮革よりもたっぷりとオイルが含まれていて、それだけに経年変化が驚くほどはやいです。(3ヶ月、半年たつと他の皮革の5年、10年分のエイジングになります。)

 

 

サンドペーパーで吟すり加工をすることにより、起毛した表面は触るときっといままで触れたことのないようなしっとり感で、使うごとにほぐれる繊維はやわらかくクッタリ感を出していきます。
さらに革本来の良い香りと経年変化をしていく色を楽しむことで、最高級のイタリアのオイルドヌバックを存分に味わうことができます。

 

 

メンテナンスとしては、汚れは革の表面にまで届かないため、通常はブラシで軽くこすることで大丈夫です。
なお、水には強くないため防水スプレーをかけておくことが望ましいです。

 

 

 

 

 

ナポレオンカーフ ヘラクレスウォレットの特徴

 

 

いま男性の間でも人気のある長財布、その中でもラウンドファスナー型にデザインされたのが
このナポレオンカーフヘラクレスウォレットです。
地味になりがちな男性の長財布でも、ナポレオンカーフを使用することによって個性が生まれ、
流行のデザインと機能性、収納性が融合した設計であることが魅力です。

 

 

ファスナーを開くと小銭入れがセンターにあり、
左右にお札、両端にカードを収納するようになっています。
このように小銭入れを中心に左右対称に設計されている分、これまでの男性用財布よりも断然収納できるようになっています。

 

 

 

小銭入れにつけられたマチは、折り込んで縫い合わせることが難しいこの皮革にとって、
職人だからこそできる技であり、このおかげで開きやすくなっています。

 

カード入れの裏にはフリーポケットがついていて、ここには領収書など
イレギュラーなサイズの紙をしまっておけます。

このナポレオンカーフのエイジングは他にはない驚きのはやさです。
1年も経つと別物へと姿を変えます。

 

オリーブ色であれば濃い緑からいずれは黒へ近づくほどです。
この経年変化がナポレオンカーフの魅せどころなのです。

 

 

 

ココマイスターナポレオンカーフ>>TOPへ