革の種類〜牛|ココマイスター ナポレオンカーフシリーズ

革の種類〜牛

革製品の牛革

 

「革製品」と一言で言っても、いろいろな動物の革が使われており、その中でもまた細かく分かれています。

 

例えば「牛革」と言っても、年齢や部位によっても特徴が違い、それぞれに良さを持っています。

 

革を愛用するために、まずはその良さを知っていきましょう。

 

 

年齢別の牛革

 

カーフ

生後6か月以内の仔牛以内の仔牛の革は、生まれて間もないため、傷がほとんどなくて、肌触りもとても良いです

 

キメや滑らかさは、この時期の赤ちゃんでしかない特徴ですが、体が小さいため量的にも少ないので価値があり、牛革の中でも最高級素材になっています。

キップ

生後6ヶ月から2年以内の牛の革で、カーフに比べると滑らかさやキメはなくなります。

 

しかし、まだまだ美しい状態なうえ、革が厚くなり強度も増しているので、両方の良さを求められる物に使われる高級素材となっています。

ステアハイド

生後2年以上の雄牛の中でも、生後3ヶ月から6か月以内に去勢をしている牛の革だけとなっています。

 

なぜ去勢をしていないといけないかと言うと、ケンカをしないで育つことで、傷がなくキレイな状態の革となるからです。

 

また大きな牛なので、素材として使える量も多いため、一般的に牛革として一番使われている年齢となります。

カウハイド

ステアハイドは虚勢をした雄牛ですが、カウハイドは出産経験のある2歳以上の雌牛になります。

 

キメや強度がキップとステアハイドの間くらいで量的にはステアハイドのようにたくさんとれるため、大型アイテムに使用されます。

ハラコ

牛の赤ちゃんの革だから「可哀想」と思っている方もいるかもしれませんが、死産の赤ちゃんなどが使われることもあります。

 

あまり流通されておらず、レアな素材になっています。

 

部位別の革の使い方

牛革の種類

体の部位によっても革の質感は変わってきます。

 

・脚
・背
・腹

 

それぞれ強度や柔らかさ、繊維の密度などが違うので、使用される物が違います。

 

自分の好みの革はどんな革か、どんな部位かを知っておくことで、より欲しいものへのこだわりや扱いがわかるようになってきます。

 

 

 

 

ココマイスターナポレオンカーフ>>TOPへ